第三話 離婚と相談【森解決編】

今年59歳になる会社員Mさんからのご相談です。家族は86歳の母、51歳の妻、19歳の長男の4人ご家族です。

ある日、お取引先のご紹介でMさんが相談にみられました。

「母親はアパート経営をしており、今、相続が発生すると、まとまった遺産になると思います。自分には先妻との間に出来た子供もいますが、離婚の 経緯を思うと、できるだけ今の家族に残してやりたいと思っています。母も家の長男を可愛がっておりますし、長男に相続させたいと考えています。」

Mさんには兄弟はいません。気がかりは、Mさんには離婚した先妻との間に子供がひとりおられるということでした。1歳のときに離婚してからは全く会っていないとのことだそうです。先妻との子供さんにも、Mさんの財産を相続する権利があるのです。

そこで当センターは

まずはじめに、お母さんの財産の評価をしてみました。
母親名義の貸家の評価は、3,000万円。他にもお父様が残した6世帯のアパートを所持しており、この評価額は合わせて3,800万円になり、合計評価額6,800万円となりました。
仮にお母様の相続が発生した場合、Mさんは一人っ子ですのでお母様の全財産を相続します。
ちなみに相続税は80万円程度になるかといったところです。

しかし、Mさん名義の資産はというと、自宅2,000万円、預貯金と退職金合わせて3,000万円。 遺産総額はお母様からの相続分を合わせると11,800万円になりMさんが亡くなった場合の相続税は425万円にもなります。

ここでちょこっとポイント

先妻の子供の法定相続分は4分の1で、遺産総額が11,800万円とすると、2,950万円の相続権があります。例え遺産全部を長男に譲るという遺言書を残したとしても、先妻の子供には1,475万円は最低相続する権利があります。これを遺留分と言います。

この財産を息子へ残したい…

その願いを叶えてあげたいのですが、先妻との間に出来た子供にも相続権はあります。 先妻の子供を排除する訳には行きませんので、弊社はMさんの財産をなるべく圧縮する事を提案いたしました。

まず、Mさんの長男をお母様の養子に迎えることとし、全財産を養子である長男さんに託すことにしました。(お母様の相続財産は6,800万円ですので、養子縁組により相続税は掛りません。)
そうすることにより、Mさんの総資産は、自身の名義分5,000万円だけとなり、仮にMさんが、すぐに亡くなった場合でも、奥様に2分の1の2,500万円、2人の息子さんには、4分の1づつの法定相続分を考えれば良いのです。

養子に迎えることにより、相続税の控除額が増えることになることはもちろん、なにより受け渡したい方へ相続できることが、最大のポイントであると考えました。

あとは、Mさんの財産を奥様への居住用財産の贈与を使い自宅を贈与する。 (2,000万円無税)また現預金については自らの老後の生活設計を勘案しながら、単純贈与(110万円無税)を使い少しづつ贈与していく。
先妻の子供には遺言書でまとまったお金を残すことにするなどを提案しました。
Mさんはこの提案に賛同され、実行に移すことになりました。

このように、本当に相続させたい方にきちんと思いを伝えることは可能です。
ただし、先妻のお子様にも遺留分の権限がありますので、その権利を侵さないことは大事です。多くの人が幸せを感じる相続が究極だと思います。

ポイント

母上の相続に関しては、養子縁組をせずに遺言遺贈でも可能ですが、法定相続人がMさんひとりなので基礎控除60百万円を超える部分(8百万円)について10%の相続税(厳密には×120%)がかかるのと、所有権移転時の登録免許税、不動産取得税について相続の優遇が受けられない点が不利になります。

まずはどんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。相続コンサルタントだけでなく、税理士・司法書士・土地家屋調査士・行政書士・宅地建物取引主任者・保険や財務などの各専門家とのパートナーシップにより、どのようなお悩みにも安心価格で、質の高いサービスをご提供いたします。フリーダイヤル 0120-271-709 受付時間(月〜金)9:00〜18:00 お問合わせフォームはこちらから
われわれはこんな問題を解決します。
  • 親の思い
  • 相続税は一体いくらかかるんだ?ちゃんと計算してくれるものがあります
  • 長男へ会社を継がせたいが税金が心配だ!心配だったら先ず自社株の評価を
  • 相続で子供たちに争って欲しくない!きちんと伝えるやり方があります
  • 遺留分に気を付けろって言われたけど?知らないでいると後で争いのもと
  • 32百万円も違う!不動産の評価で税金が変わるって本当?
  • さあ困った!相続税を払うお金がない!納税資金は準備ができていますか?
  • 何しろ税金を安くしたい!法人化も対策のひとつです
  • 8百万円も違うって本当?配偶者への居住用財産の贈与で相続税が安くなる
  • 誰も会社を継いでくれない!では会社と心中しますか?
  • 孫と養子縁組したって友達に聞いたがどういうこと?一代飛び越しての相続もできるんです
  • 家族円満!我が家の家訓をつくりたい
  • 子の思い
  • 相続で子供たちに争って欲しくない!きちんと伝えるやり方があります
  • 遺留分に気を付けろって言われたけど?知らないでいると後で争いのもと
  • どうも親父の遺言に納得がいかない!遺留分減殺請求って方法をご存知ですか?
  • さあ困った!相続税を払うお金がない!納税資金は準備できていますか?
  • 家を建てたいけど親から援助を受けたら税金が!住宅資金の贈与で税金が掛からない方法があります
  • 今のうちに少しでも貰えないだろうか?税金を払わずに生前に資産を移動することができます
  • アパートの贈与で納税資金が出来た!相続時精算課税制度のススメ
  • どうしよう!相続税の申告を忘れた!忘れたらどうなるでしょう?
  • 不動産が売れない!担保にもできない!相続登記が済んでないと大変です
  • 親の相続申告を見直したら相続税が返ってくるって本当?相続税の再計算のおススメ
  • あったら教えてほしい!兄弟で揉めない遺産分割のすすめ方
  • 相続発生
  • 父が亡くなっって初七日も済んだけど…この後どうしたらいいの?
  • 親の残したとんでもない借金!困った!黙っていると借金を全部引継ぐことになりますよ
  • 借金は継ぎたくない!でも家業は継ぎたい!限定承認の上手な活用の仕方
  • 相続税を払うにも財産を分けるにも不動産を売らなきゃ!全部まとめてお任せ下さい
  • どうしよう!相続税の申告を忘れた!忘れたらどうなるでしょう?
  • 不動産が売れない!担保にもできない!相続登記が済んでないと大変です
  • 親の相続申告を見直したら相続税が返ってくるって本当?相続税の再計算のおススメ
  • あったら教えてほしい!兄弟で揉めない遺産分割のすすめ方
  • 総合案内
  • 九州相続相談センターとは
  • アクセス
  • サービス案内
  • セミナー情報
  • プライバシーポリシー
  • なぜ九州相続相談センターに頼むのか?
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 相続の基礎知識
  • 解決事例ストーリー
  • よくあるお悩み
  • 専門用語辞典
  • スタッフ紹介
  • 幸せ相続隊のまいどおさわがせします日記